Conscript 

Conscript は、GitHub と Maven リポジトリをインフラとして使った Scala アプリのための配信機構だ。APT や Home Brew のように、アプリのインストールや更新を行うことができる。

多分思ったより少ないことしか行わない。なぜなら sbt ランチャーが思ったより多くのことをこなすからだ。それに関してはまた後で。

Conscript のインストール方法 

環境変数の設定 

OS にもよって書式は異なるかもしれないが、以下の 3つの環境変数を設定する必要がある。

export CONSCRIPT_HOME="$HOME/.conscript"
export CONSCRIPT_OPTS="-XX:MaxPermSize=512M -Dfile.encoding=UTF-8"
export PATH=$CONSCRIPT_HOME/bin:$PATH

実際のインストールには 3通りの方法がある。

クロス・プラットフォーム 

conscript の実行可能 jar をダウンロードする。最近の OS だとダブルクリックするだけで実行できるけども、それがうまくいかなければ、コマンドラインからも実行できる。

$ java -jar conscript_2.11-0.5.2-proguard.jar

インストール中は「スプラッシュ・スクリーン」が表示される。cs がインストールされたというメッセージが書かれるか、エラーメッセージが表示されるまでは閉じてはいけない。

Linux、 Mac 

好みによって、シェルスクリプトをパイプすることによってインストールすることもできる。

wget https://raw.githubusercontent.com/foundweekends/conscript/master/setup.sh -O - | sh

Windows 

好みによって、この PowerShell スクリプトをダウンロードして実行することもできる。

Conscript の使い方 

conscript を用いてやる主なことは launchconfig に基いて書かれているコマンドのインストールと更新だ。 launchconfig ファイルは GitHub プロジェクトにて保存されていて、それを cs コマンドから指定する。 例えば、以下のようにして giter8 テンプレートシステムをインストールする:

$ cs foundweekends/giter8

launchconfig はアプリのバージョンも指定するが、もう一つ「/」を付けて別のバージョン番号を指定することも可能だ:

$ cs foundweekends/giter8/0.2.1

プロジェクトの作者はプレリリースや別版の launchconfig を Gibhub 上の別のブランチに push するかもしれない。--branch もしくは -b オプションを使って、別のブランチから launchconfig を読み込むことができる。

$ cs foundweekends/giter8 --branch staging

boot ディレクトリのクリーン 

スナップショットなどを使っていて、conscript の boot ディレクトリが古かったり、不明なアーティファクトが入っている場合はクリーンすることが可能だ:

$ cs --clean-boot

これで、次に (cs のような) conscript アプリを実行すると、boot ディレクトリに新しくライブラリ依存性を取ってくるようになる。大抵はローカルの Ivy キャッシュに行くだけだと思うけど。

Conscript の仕組み 

conscript は思ったよりも少ないことしか行わない。なぜなら sbt ランチャーが思ったより多くのことをこなすからだ。何を言っているんだ?


conscript が行うこと:

sbt ランチャーが行うこと:

conscript は、要するに sbt ランチャー周りの慣用を決め打ちして使いやすくしただけにすぎない。 例えば、$CONSCRIPT_HOME をデフォルトどおり $HOME/.conscript に設定したとする。

全ての conscript アプリの boot ディレクトリとして $CONSCRIPT_HOME/boot が使用される。 アプリの launchconfig は、GitHub プロジェクト名とスクリプトの名前の両方にもとづいたパスに保存される。具体例で説明すると、

$CONSCRIPT_HOME/foundweekends/conscript/cs/launchconfig

最後に、その launchconfig を参照するシェルスクリプトが、$CONSCRIPT_BIN (デフォルト $CONSCRIPT_HOME/bin) 以下に作成される。 例えば、~/.conscript/bin/cs という感じになる。 このシェルスクリプトの内容は、Mac だと以下のようになっている:

#!/bin/sh
java -jar /Users/foo/.conscript/sbt-launch.jar \
  @/Users/foo/.conscript/foundweekends/conscript/cs/launchconfig "$@"

この起動スクリプトが作成された後の、アーティファクトを取得したり、アプリを実行したりといった実際の仕事は、sbt ランチャーが行っている。

プライベート・リポジトリ 

conscript は GitHub の 非 web アプリ用の OAuth フローを使うことで、プライベートな GitHub リポジトリもサポートしている。

認証して、永久トークンを保存するには、--auth オプションを使う:

$ cs --auth yourname:yourpass

これは、アクセス・トークンを ~/.conscript/config に保存して、以降全ての cs 実行時に用いられる。このトークンは GitHub account settings よりいつでも取り消すことができる。

sbt ランチャーは、sbt 本体同様にプライベートな Maven もしくは Ivy リポジトリをアクセスすることができる。 ~/.ivy2/.credentials などの credential プロパティファイルを sbt.boot.credentials JVM プロパティもしくは、SBT_CREDENTIALS 環境変数にて指定する。 sbt ランチャーは、これらの認証情報を用いて realm 内の保護されたリソースをアクセスすることができる。

Conscripted app の作り方 

conscript を使った独自アプリを作ってみよう。

ConscriptPlugin 

ConscriptPlugin を使ってアプリを作る方法をここでは紹介する。 まずは以下を project/concript.sbt に書く:

addSbtPlugin("org.foundweekends.conscript" % "sbt-conscript" % "0.5.2")

次に、build.sbt でアプリのためのサブプロジェクトで ConscriptPlugin を有効にする:

lazy val root = (project in file(".")).
  enablePlugins(ConscriptPlugin).
  settings(
    // other settings here
  )

このプラグインは sbt の launcher-interface に対して「provided」な依存性を追加する。

エントリーポイント 

xsbti.AppMain を実装して、アプリへのエントリーポイントを作る。

package example

class HelloApp extends xsbti.AppMain {
  def run(configuration: xsbti.AppConfiguration): xsbti.MainResult = {
    // get the version of Scala used to launch the application
    val scalaVersion = configuration.provider.scalaProvider.version

    // Print a message and the arguments to the application
    println("Hello world!  Running Scala " + scalaVersion)
    configuration.arguments.foreach(println)

    new Exit(0)
  }
  class Exit(val code: Int) extends xsbti.Exit
}

1つか 2つのコマンドライン・オプションを作った後は、多分 scopt みたいなコマンドライン・パーサを使うことをお勧めする。

launchconfig 

次に、launchconfig ファイルを src/main/conscript/XYZ/launchconfig に置く (ここで、XYZg8cs といったスクリプト名に置き換える):

[app]
  version: 0.1.0
  org: com.example
  name: hello
  class: example.HelloApp
[scala]
  version: 2.11.12
[repositories]
  local
  maven-central
  sonatype-releases: https://oss.sonatype.org/content/repositories/releases/

launchconfig に関する詳細は sbt レファレンス・マニュアルの sbt Launcher の項目を参照。

Bintray 

repositories の項目には、Bintray を使った Maven リポジトリを含む任意のリポジトリを追加できる。 例えば、foundweekends の Bintray リポジトリの設定は以下のようになっている。

  foundweekends-maven-releases: https://dl.bintray.com/foundweekends/maven-releases/

csRun 

アプリを csRun XYZ コマンドを sbt シェルから打ち込むことで、アプリをテストできる。

Conscripted apps 

Conscript を使っているプロジェクトのリストは英語版にある。

あなたが Conscript を使っているなら是非プロジェクトを追加して pull request を送ってほしい。