テンプレートフィールドのフォーマット 

Giter8 は、テンプレートフィールドをフォーマットする方法をいくつか用意してある。 フォーマットのオプションはフィールドを参照するときに指定可能だ。例えば、name フィールドを upper camel case でフォーマットするには:

$name;format="Camel"$

フォーマットは以下のオプションがある:

upper    | uppercase       : 全部大文字
lower    | lowercase       : 全部小文字
cap      | capitalize      : 最初の文字を大文字化
decap    | decapitalize    : 最初の文字を小文字化
start    | start-case      : 各ワードの最初の文字を大文字化
word     | word-only       : 非ワード文字の除去 (a-zA-Z0-9_ のみ)
Camel    | upper-camel     : 大文字キャメルケース (start-case, word-only)
camel    | lower-camel     : 小文字キャメルケース (start-case, word-only, decapitalize)
hyphen   | hyphenate       : 空文字のハイフン化
norm     | normalize       : 全てを小文字化、空文字はハイフン化 (lowercase, hyphenate)
snake    | snake-case      : 空文字とドットのアンダースコア化
packaged | package-dir     : ドットのスラッシュ化 (net.databinder -> net/databinder)
random   | generate-random : ランダム文字列の追加

name フィールドに My Project という値が指定されたときにどうフォーマットされるのかをみてみよう:

$name$ -> "My Project"
$name;format="camel"$ -> "myProject"
$name;format="Camel"$ -> "MyProject"
$name;format="normalize"$ -> "my-project"
$name;format="lower,hyphen"$ -> "my-project"

コンマ区切り複数のフォーマットを指定可能なことにも注目してほしい。その場合は、与えられた順序で評価される。

ファイルやディレクトリ名にフォーマットオプションを渡すにはアンダースコアを 2つつなげたものを使う。 例えば、$organization__packaged$ という名前のついたディレクトリは、組み込みの package フィールド同様に org.somewhereorg/somewher に変換する。 $name__Camel$.scala という名前のついたファイルは、nameawesome project であるとき、 AwesomeProject.scala というファイルを生成する。